x染色体で遺伝する薄毛

x染色体で遺伝する薄毛

親が薄毛の人の中には、「薄毛は遺伝するのかな?」と気になっている方がおられるでしょう。
ドイツの研究者の発表によると、40歳以前に薄毛になった男性の家系の血液を用いて遺伝子を分析したところ、薄毛男性ではx染色体にあるアンドロゲン受容体遺伝子に変異が見られたとのことです。
アンドロゲン受容体とは、細胞の表面にある物質で、男性ホルモンのジヒドロテストステロンが受容体に結合すると細胞が活性化します。
ジヒドロテストステロンは男性型脱毛症の原因となる物質なので、アンドロゲン受容体の変異が薄毛の原因のひとつという可能性はあります。
x染色体は母親から受け継ぎ、母親は自分の父親から受け継ぐため、母方のおじいちゃんが薄毛の場合には、アンドロゲン受容体の変異が遺伝している可能性があります。
アンドロゲン受容体の変異がある場合には、男性型脱毛症治療で使われる医薬品のフィナステリドが効く可能性があります。
フィナステリドは、ジヒドロテストステロンが体内で合成されるのを抑える作用があり、たとえアンドロゲン受容体の遺伝子変異があったとしても、ジヒドロテストステロンの影響が少ないと考えられます。