薄毛の薬ミノキシジル

薄毛の薬ミノキシジルを詳しく説明すると、高血圧の経口薬として開発された経緯がありますが、後に毛髪の成長効果が発見されたために発毛剤として販売されるようになりました。
ミノキシジルは1960年代に開発されて、1980年代から脱毛症の外用薬として使われるようになりました。
薄毛の薬としてのミノキシジルが、毛髪を成長させる仕組みについては未知の部分も多く、現在も研究が行われています。
しかしながらミノキシジルが毛母細胞や毛乳頭を活性化させ、発毛を促していることは分かっています。
また男性型脱毛症を改善させる薄毛の薬であるため副作用も存在します。
主な副作用はアレルギーによる頭皮の痒みや、多量に使用した場合には低血圧の症状が出ることがあります。
また母乳への影響もあるために、授乳中の使用は厳禁とされています。
使用している時には脱毛の進行を抑えることができますが、使用を止めると症状は元に戻ってしまうのが特徴です。